ANSWER Cohort


2022/8/16 ANSWERコホートの論文を掲載しました。 Articles (論文)

Add-on Effectiveness of Methotrexate or Iguratimod in Patients with Rheumatoid Arthritis Exhibiting an Inadequate Response to Janus Kinase Inhibitors: The ANSWER Cohort Study 蛯名 耕介ら


2022/06/13 第66回 日本リウマチ学会総会・学術集会の発表実績を掲載しました Presentation (学会発表)


2022/06/3 参画施設・評議員等、ANSWER法人情報を更新しました About (ANSWER CCについて)


2022/04/27 ANSWERコホートを使った演題が日本リウマチ学会の国際ワークショップでExcellent Abstract Awardを受賞しました。

Drug retention of biologics or JAK inhibitors in patients with difficult-to-treat rheumatoid arthritis: Results from the ANSWER cohort 渡部 龍ら

2022/3/31 ANSWERコホートの論文を掲載しました。 Articles (論文)

・Differential efficacy of TNF inhibitors with or without the immunoglobulin fragment crystallizable (Fc) portion in rheumatoid
  arthritis: the ANSWER cohort study 中山 洋一ら

・Factors affecting drug retention of Janus kinase inhibitors in patients with rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study
 蛯名 耕介ら


2021/10/1 ANSWERコホートの論文を掲載しました。 Articles (論文)

・Favorable clinical response and drug retention of anti-IL-6 receptor inhibitor in rheumatoid arthritis with high CRP levels:
 the ANSWER cohort study 中山 洋一ら

・Drug efficacy and safety of biologics and Janus kinase inhibitors in elderly patients with rheumatoid arthritis 蛯名 耕介


2021/6/2 論文がRenal & Urology Newsで紹介されました! 記事へ(外部サイト)

The association of disease activity and estimated GFR in patients with rheumatoid arthritis: findings from the ANSWER study. Onishi A, et al.

2021/06/2 参画施設・評議員等、ANSWER法人情報を更新しました About (ANSWER CCについて)


2021/04/26 ANSWERコホートを使った演題が日本リウマチ学会の秀逸ポスター賞を受賞しました。

関節リウマチ患者の特性や治療法の推移:10年間のANSWERコホートデータより. 沖田 康孝ら

2021/04/26 ANSWERコホートを使った演題が日本リウマチ学会の国際ワークショップで優秀演題賞を受賞しました。

Drug with different vs same mode of action in patients with rheumatoid arthritis and an inadequate response to bDMARD/JAKi - ANSWER longitudinal cohort study - 大西 輝ら

2021/3/1 ANSWERコホートコンソーシアム主催のオンライン講演会を開催しました。 記事へ



2020年以前のNEWSはこちら

2020/08/17 ANSWERコホートを使った演題が日本リウマチ学会の秀逸ポスター賞を受賞しました。

間質性肺炎合併関節リウマチに対するJAK阻害薬の効果 -ANSWER Cohortデータでの検討- 斯波 秀行ら

2020/1/19 論文執筆のためのセミナーを開催しました。 記事へ


2019/11/23 米国リウマチ学会への演題がトピックとして取り上げられました。 記事へ(外部サイト)

Are There Differences in Efficacy and Safety of Biological Disease-modifying Antirheumatic Drugs Between Elderly-onset and Young-onset Rheumatoid Arthritis? Jinno S, et al.

2019/11/21 論文がmost cited PLOS ONE papers 2018に選ばれました。 ジャーナルサイトへ(外部サイト)

Drug retention and discontinuation reasons between seven biologics in patients with rheumatoid arthritis -The ANSWER cohort study. Ebina K, et al.

2018/4/26 ANSWERコホートを使った演題が日本リウマチ学会の国際ワークショップで優秀演題賞を受賞しました。

Factors associated with the maintenance of biological DMARDs-free remission in rheumatoid arthritis - ANSWER cohort study - 橋本 求ら

2017/4/21 ANSWERコホートを使った演題が日本リウマチ学会の国際ワークショップで優秀演題賞を受賞しました。

A longitudinal study of the effects of disease activity on renal function in patients with RA utilizing linear mixed effect models - ANSWER cohort study - 大西 輝ら


Copyright © ANSWER Cohort Consortium All Rights Reserved.